日本オルソ株式会社は、スーパーオルソをはじめ、オルソ24、ゴー ルドエキス、レインボーオルソDXなどの商品を開発したメーカーです。


日本オルソ株式会社は分子矯正精神医学(Ortho-molecular psychiatry) の理論に基づく栄養補助食品を開発する目的で創設されました。 社名や商品名にオルソ=Orthoが用いられているのはその由来です。 分子矯正精神医学とはノーベル賞受賞学者であるラナイス・ポーリング 博士によって唱えられた、治療と予防を兼ね備えた新しい医学理論です。 身体的・精神的に必要な各栄養素を充分に摂取することにより 代謝等を改善し、人が本来持っている免疫力・自然治癒力を 高め、健康維持・改善を目指すものです。 (現代人は身体中心の食生活になりがちで脳のための食生活 ではありません。健康食品・サプリメントも殆どが身体のためのものや 薬のごとく病気の改善を謳ったものまであります。) 日本オルソはこの理論に基づいて人体の生命・精神活動の源である『脳』が 活性化する栄養素としてビタミンB12のはたらきに着眼し、膨大な研究 データをもとに開発を進めた結果、オルソ製品が生まれました。 オルソ製品は、1日当たりB12が1500マイクログラム以上摂取 できるように配合されている他、30種類以上の栄養素が含まれ日本オルソ 独自の理論と製法により作られています。

オルソ製品は加齢やストレスなどによって衰えていく脳の働きを取り戻すことを 目的に作られたものです。身体の司令塔である脳の働きを高める事により、生体恒常性 を最大に発揮できるのです。そのためのビタミンB12を中心とした脳に必要な栄養素 とカロペプタイプド、MO液の三大要素のベストセレクションがオルソ製品なのです。 そしてその『三大要素の相乗効果』がオルソの最大の特徴なのです。

ビタミンB12 悪性貧血の特効薬として発見されたビタミンで、発見された当時から、その鮮やかな色 から「赤いビタミン」とも呼ばれている。その後、末梢神経系さらには中枢神経系の機能 への働きが認められ事で「神経ビタミン」として注目されてきた。さらにyは免疫系の活性 化にも大きな役割を果たす事も判ってきた。このような幅広い働きから、近年非常に注目 を浴びているビタミンである。 また、ビタミンB12は例外を除いて動物性食品にしか含まれていないため、極端な菜食主義者は 欠乏症になる恐れがある。 <主な働き> 1、悪性貧血を防ぐ ビタミンB12は葉酸と協力して赤血球の生成を助け、悪性貧血を防いでくれます。 2、神経系の機能を維持する 神経細胞内のタンパク質や核酸の合成を助け、神経系を正常に働かせる。 3、集中力や記憶力を高める。

カロペプタイド 北オットセイの筋肉から特殊な方法で分解抽出したペプチドで、18種類のアミノ酸 (必須アミノ酸全てを含む)を含むタンパク価の高い、最高質のタンパク源と言われている。 また、カロペプタイドは、他のペプタイドに比べると、生理活性の働きがはるかに優れています。 <主な働き> 1、毛細血管を拡張し、新陳代謝を促進する。 (新陳代謝機能を増進させ、老化ならびに病的組織の活性化を高める効果が大きい) 2、血圧の降下作用。 3、肝臓の機能回復に有効で、解毒作用が高まる。 4、鎮痛効果。 5、美容効果。 (血管拡張作用〜血行がよくなる〜皮膚の新陳代謝が活発〜角化現象が順調に 行われる。皮膚に弾力を与え、肌に潤いをもたらす。) 6、老化防止効果。 (細胞の働きを活発にし、若さを保つのに有効。オットセイの肉を常食にしている エスキモーには動脈硬化や脳梗塞が少ない。)

MO液 特許第3897862号 カテキンを中心として植物混合エキス、水溶性ビタミンなどを含み抗酸化力に優れ、 さらに消臭効果を備えた特殊な液体。 カテキン ポリフェノールの一種で、緑茶に含まれる渋味の成分です。 抗酸化・抗菌作用があり、O−157感染騒動の際には、その殺菌効果が注目され話題になりました。 また、カテキンには水にも油にも溶けるという性質を持っているため、身体のあらゆる場所でその力 を発揮することができるのです。 <主な働き> 1、抗酸化作用 2、抗菌作用、腸内細菌の改善 3、消臭作用 4、活性酸素消去作用 5、コレステロール上昇抑制作用 6、血糖上昇抑制作用 7、血圧上昇抑制作用 8、抗腫瘍作用 9、アレルギー作用 10、血小板凝集抑制作用 11、紫外線吸収作用

日本オルソ株式会社 生命科学研究室 室長 田村広司 なぜオルソか? それは他の健康食品には見られない代替医療 を推進するサプリメントだからです。 生物は生体恒常性を持ち、これを正しく保持すれば 健康体が維持されます。 生体恒常性にかかわるものは神経・ホルモン・免疫 です。そこで神経系を活発にし、ホルモン分泌を正しく 調整し、免疫力を高めることが必要です。 またホルモンや免疫体は血液によって運ばれ ますので血液循環を良くすることも大切です。 オルソはこれらのビタミンB12・カロペプタイド ・MO液を三本柱として作られたもので、 自然治癒力を高め生体恒常性を維持するのに役立ちます。

オルソは生体恒常性を高めるもの! 日本オルソ株式会社学術顧問 理学博士 大野秀隆 私たちは生を受けて、この世に出てきました。 せっかく頂いた命です。命を大切にし、この生命のあらん限り人生を全うするためには何よりも健康が第一です。 健康な毎日を送ることは誰しもの願いです。それは医学の発達やたくさんの医療費で万事解決できるものではありません。大切なのはセルフメディケーション(自己医療)です。すなわち、@人間生物の生理的な知識を持つこと、A生命について一通りの考え方を持つこと、B健康とは何かということを知ることです。そうして全体像をとらえることです。 アメリカと日本を比べると、アメリカの方が日本より医療費は10倍も多く、公衆衛生費は7倍も多く使っています。しかし平均寿命は日本の方が優れています。しかも皮肉なことにアメリカの医学水準は世界一です。 健康法を選ぶ目を持とう 健康とは明るくそして常に前向きのものです。病気にならないように細々と一生を過ごすのでは意味がありません。健康とは人間の働きを妨げることなく目的を達成させるような身体や精神の状態であります。今や日本は世界一の長寿国です。平均寿命が男は78歳、女は85歳です。昭和10年、11年は男女とも50歳以下でした。何故平均寿命が延びたのか、それは若くして亡くなる人が激減したからです。 死亡年齢が高くなりますと高齢者人口が増加します(高齢者とは65歳以上の人)。まもなく人口の4分の1は高齢者になります。高齢社会が待ち受けるもの、それは寝たきり老人や認知症老人です。老年期の認知症は明らかに増加しており、「恍惚の人」の悲劇がどこの家庭でも展開される可能性があります。実際老人の10人に1人が認知症にかかる確率となっています。すなわち認知症は糖尿病と同じ位にポピュラーな病気となるのです。 中高年の人達が集まる席で決まって話題になるのは、健康や健康法です。今健康問題が人々の関心を強くひき高度情報化社会の到来で、ちまたに健康に関する情報が氾濫しています。そこで何とかしようと数々の「健康法」に走ります。それは実にナンセンスです。つまらない情報があふれているのです。大切なのは情報の数ではなく質なのです。

自分の健康は自分で創り自分で守る 新しい医学に分子矯正医学(オルソ・モレキュラー・メディカルサイエンス)というものがあります。生体を分子レベルで考え、ビタミン・ミネラル等細胞の栄養バランスによって病気を治し、健康体を保持する医学です。「オルソ製品」はこれに基づいて作り出されたものです。生活習慣病は薬や手術では完治できません。何故なら皆身体そのものが変質して起こる病気だからです。食事改善だけで心臓病は30%減らせるし、高血圧・コレステロールは簡単に減らせます。健康食品は生命力を助け、自然治癒力を高めるものでなくてはなりません。 生体を構成する基本となる有機化合物は生命にとって固有なもので、このように構築単位となる化合物を生分子といいます。生分子は生物がその固有の細胞機能を遂行するために長年の生物進化の間に選び抜かれたものです。 人体は環境から受ける様々な刺激に対して、身体的にも精神的にも反応を起こして環境との調和をはかり調節します。これは身体や心の安定を保とうとするためで、この働きを自己調整能力とか自然治癒力といいます。 私自身、何よりもありがたいと思っていることは毎日元気で暮らせることです。健康体を保持するためには「生体恒常性」を高め、堅持することです。それには「自分の健康は自分で創り、自分で守る」という信念を持つことです。 ビタミン類や有効成分は、単独で摂取するよりも複合で摂取した方が遙かに有効であり、その効力を十二分に発揮します。オルソは神経ビタミンであるビタミンB12を中心に、各種ビタミン類や健康に不可欠な成分をバランスよく配合したもので、生体恒常性を高め、自分の健康は自分で創るための手助けをする健康の革命児と言えるでしょう。


このページのTOPに戻る





ホーム会社概要オルソとは商品案内お問い合わせ

Copyright (C) 2008 Japan Ortho Co.,Ltd. All Rights Reserved.